幌内線(岩見沢〜三笠〜幌内/幾春別)

〔最終更新日: 2014/12/22〕
岩見沢と三笠市を結ぶローカル鉄道。
当初は、採掘した石炭運搬のために敷設された。
赤字ローカル線廃止の一環で、1987(昭和62)/07/12 に廃止。

路線概要

※ NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。

幌内線路線ルート図 総延長  18.1km+3.9km(営業キロ・時刻表より)
全線開通 1888(明治21)年11月10日
廃止   1987(昭和62)年 7月12日

・略史

 1882(明治15)/11/13
 岩見沢〜三笠〜幌内(現三笠市)開通
 (札幌〜幌内間開通)

 1888(明治21)/11/10
 三笠〜幾春別(現三笠市)開通 (全線開通)

 1972(昭和47)/11/01
 三笠〜幌内 旅客扱廃止

 1987(昭和62)/07/12
 岩見沢〜幌内・幾春別 全線廃止


 三笠駅は、開業時は「幌内太」(ほろないぷと)という駅名だった。いつ改名されたのかは不明。
 この路線は全区間単線・非電化である。岩見沢で函館本線に合流する。

<< BACK (千歳線)  >> NEXT (歌志内線)


(2012/07/15 ~) days:0001 yesterday:0001 Total:000031