夕張線(追分〜紅葉山〜夕張/登川)

〔最終更新日: 2014/12/22〕
室蘭本線 追分と夕張を結ぶローカル鉄道。石炭輸送が主な目的。
大部分は、現在では「石勝線」の一部に組み込まれ、帯広・釧路方面の幹線となっている。

路線概要

※ NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。

夕張線路線ルート図 総延長  41.5km+7.6km(営業キロ・時刻表より)
全線開通 1916(大正 5)年 7月11日

・略史

 1892(明治25)/11/01
 追分〜夕張 開通
 (北海道炭礦鉄道として)

 1906(明治39)/10/01
 国有鉄道化

 1907(明治40)/05/16
 紅葉山(現夕張市)〜楓(現夕張市)開通

 1916(大正 5)/07/11
 楓〜登川(現夕張市)開通

 1981(昭和56)年
 06/30 紅葉山〜楓 全線廃止
 10/01 路線名変更 夕張線 → 石勝線
 10/01 駅名変更 紅葉山 → 新夕張

 1985(昭和60)/10/13
 夕張駅移設(南へ 1.3km)

 1990(平成 2)/12/26
 再度の夕張駅移設(南へ 0.8km)


 この路線は全区間単線・非電化である。追分で室蘭本線に合流する。

紅葉山線

 紅葉山〜登川間の夕張線の支線だが、通称としてこう呼ばれていたようだ。「登川線」とも言われていた。
 現在は、新たに「石勝線」として敷設された線路を特急列車が行き交うが、駅はない。
 元々は沢に沿うように敷設されていた。

<< BACK (万字線)  >> NEXT (日高本線)


(2012/07/15 ~) days:0002 yesterday:0001 Total:000170