日高本線(苫小牧〜様似)

〔最終更新日: 2014/12/22〕
苫小牧と日高地方の海岸を連絡する幹線鉄道として敷設されたが、現在はローカル鉄道。
更に延伸して、日高山脈の反対側の広尾で、広尾線と連絡する計画があったが、実現せず。

路線概要

※ NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。

日高本線路線ルート図 総延長  146.5km(営業キロ・時刻表より)
全線開通 1937(昭和12)年 8月10日

・略史

 1913(大正 2)/10/01
 苫小牧〜富川(現日高町)開通(苫小牧軽便鉄道として)

 1924(大正13)/09/06
 富川〜厚賀(現日高町)開通(日高拓殖鉄道として)

 1926(大正15)/12/10
 厚賀〜静内 開通(日高拓殖鉄道として)

 1927(昭和 2)/08/01
 国有鉄道化

 1933(昭和 8)/12/15
 静内〜日高三石 開通

 1935(昭和10)/10/24
 日高三石〜浦河 開通

 1937(昭和12)/08/10
 浦河〜様似 開通


 この路線は全区間単線・非電化である。苫小牧で室蘭本線に接続する。

<< BACK (夕張線)  >> NEXT (富内線)


(2012/07/15 ~) days:0001 yesterday:0001 Total:000118