白糠線(白糠〜北進)

〔最終更新日: 2014/12/22〕
釧路地方と十勝地方内陸をショートカットするローカル鉄道。
建設は、足寄まで計画があったが、実現せず。
赤字ローカル線廃止の一環で、1983(昭和58)/10/22 に廃止。

路線概要

※ NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。
※ 赤色:廃止直前の開通区間 灰色:未開通区間

白糠線ルート図 総延長  33.1km(営業キロ・時刻表より)
部分開通 1972(昭和47)年 9月 8日(北進まで)
廃止   1983(昭和58)年10月22日

・略史

 1964(昭和39)/10/07
 白糠〜上茶路(現白糠町)開通

 1972(昭和47)/09/08
 上茶路〜北進(現白糠町)開通

 1983(昭和58)/10/22
 白糠〜北進 廃止


 この路線は全区間単線・非電化である。白糠で根室本線に接続する。

<< BACK (池北線)  >> NEXT (宗谷本線)


(2012/07/15 ~) days:0001 yesterday:0001 Total:000057