標津線(標茶〜西春別〜中標津〜根室標津、厚床〜別海〜中標津)

〔最終更新日: 2014/12/22〕
森林・鉱山資源開発の目的で敷設。
根室本線 厚床(現 根室市)から別海経由で中標津へ至るルートが先ず建設され、
更に、釧網本線 標茶から 中標津へ至るルートが建設され、更に海沿いの根室標津まで建設された。
根室標津から先、根北線として、斜里までの建設がなされていたが、建設中断。

赤字ローカル線廃止の一環で、1989(平成元)/04/29 に廃止。

路線概要

※ NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。

赤色区間:元々標津線として建設した区間
青色区間:元々計根別線として建設した区間

標津線路線ルート図

総延長  69.4km 〔標茶〜根室標津〕(営業キロ・時刻表より)
総延長  47.5km 〔厚床〜中標津〕 (営業キロ・時刻表より)
全線開通 1937(昭和12)年10月30日
廃止   1989(平成元)年 4月29日

この路線は全区間単線・非電化である。標茶で釧網本線、厚床で根室本線に接続する。

・略史

1933(昭和 8)/12/01 厚床(現 根室市) 〜西別 (現 別海駅)(23.8km) 開通
1934(昭和 9)/10/01 西別〜中標津 (23.7km) 開通
1936(昭和11)/10/29 標茶〜計根別 (現 中標津町) (31.9km) 開通 〔計根別線 として〕
1937(昭和12)/10/30 計根別〜根室標津 (37.5km) 開通 〔計根別線 として〕
 路線名変更 計根別線(標茶〜根室標津)→ 標津線 〔計根別線を標津線に編入〕
1976(昭和51)/12/01 駅名変更 西別 → 別海 (現 別海町)
1989(平成元)/04/29 廃止 厚床〜中標津、標茶〜根室標津

<< BACK (釧網本線)


( 2012/06/03 〜 ) days:0002 yesterday:0001 Total:000042