千歳線(白石〜北広島〜千歳〜沼の端)

〔最終更新日: 2014/12/22〕
15分毎に快速エアポート(札幌〜新千歳空港)、その狭間を狙うように、苫小牧方面への普通列車、
室蘭(5往復/日)・函館(11往復/日)・帯広(12往復/日)・釧路(6往復/日)方面の特急列車、
本州方面の寝台特急(2-3往復/日)など、多数の列車が往来する。

路線概要

※NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。

千歳線路線ルート図 総延長  56.6km(営業キロ・時刻表より)
全線開通 1926(大正15)年 8月21日

・1982(昭和57)年以降の出来事

 1982(昭和57)/03/01
 駅新設  恵み野(現 恵庭市)

 1987(昭和62)/04/01
 営業承継 日本国有鉄道 → 北海道旅客鉄道
 起点変更 苗穂 → 白石 (現 札幌市白石区)

 1992(平成 4)/07/01
 南千歳〜新千歳空港間(2.6km) 開通
 駅名変更 千歳空港 → 南千歳 (現 千歳市)
 駅新設  新千歳空港 (現 千歳市)
      〔新千歳空港駅開設に伴うもの〕

 駅新設  サッポロビール庭園

 2002(平成14)/03/16
 快速エアポート 恵庭駅停車扱い開始

 2007(平成19)/10/01
 ダイヤ改正にて、L特急すずらん(札幌~室蘭)停車扱い開始。

 2007(平成19)/12/18
 沼ノ端駅 (現 苫小牧市) 改築オープン
 この路線は全区間複線・電化である。
 白石で函館本線に合流、沼の端で室蘭本線に合流し、それぞれ、札幌・小樽方面、苫小牧・室蘭方面に直通する。

<< BACK (札沼線)  >> NEXT (室蘭本線)


(2012/06/03 ~) days:0001 yesterday:0001 Total:000120