宗谷本線(旭川〜名寄〜美深〜音威子府〜幌延〜稚内)

〔最終更新日: 2014/12/22〕

路線概要

※ NASA World Wind 1.3 のランドサット衛星画像を使用しています。
※ 赤色:現在の宗谷本線 青色:開通当初の旧宗谷本線ルート(後の天北線)

宗谷本線路線ルート図 総延長  259.4km (営業キロ・時刻表より)
全線開通 1922(大正11)年11月 1日
     (旧天北線ルートにて)

この路線は旭川〜新旭川の区間のみ複線(電化はされていない)。新旭川は、石北本線の分岐駅。
新旭川から先は全区間単線・非電化である。旭川で函館本線、石北本線に接続する。

・1982(昭和57)年以降の出来事

1987(昭和62)/04/01 営業承継 日本国有鉄道 → 北海道旅客鉄道
1990(平成 2)/09/01 駅廃止  琴平 (現 中川町)
2001(平成13)/07/01 駅廃止  下中川 (現 中川町)、上雄信内 (現 幌延町)、芦川 (現 豊富町)
2002(平成14)/11/04 複線化  新旭川 〜 旭川運転所 (新旭川駅 と 永山駅 のほぼ中間)
2003(平成15)/05/10 電化   旭川 〜 旭川運転所
2006(平成18)/03/18 駅廃止  智東 (現 名寄市)、南下沼 (現 幌延町)
2010(平成22)/01/30 棒線化  稚内駅
2010(平成22)/10/10 鉄道高架化 旭川駅付近(全長3.5km。宗谷本線区間 1.5km)
2010(平成22)/10/10 旭川駅 改築オープン(鉄道高架化に伴う駅舎改築4代目)
2011(平成23)/04/03 稚内駅 改築オープン(駅舎改築3代目)

<< BACK (富良野線)  >> NEXT (石北本線)


(2012/06/03 ~) days:0002 yesterday:0001 Total:000127